マガジンのカバー画像

#HR #カルチャー #採用 #働き方 #労務 #制度

74
運営しているクリエイター

#スタートアップ

スタートアップの組織づくりで参考になった9冊+α

こんにちは、Synamon COOの武井です。 先日のnoteでお伝えした通り、BizDev責任者から人事を…

「自分がやったほうが早い仕事」を委譲できる人が、組織を成長させる

企業が成長するたびに必ず起こるのが、「自分がやったほうが早い仕事」を新任者に上手く委譲で…

人事評価は不毛?〜評価なしで100名の壁を超えたUbieの事例〜

こんにちは、Ubie Discovery(AI問診ユビー/AI受診相談ユビー)でカルチャー開発を担当しているs…

M&A後のスタートアップに起こったこと。 資金枯渇、組織崩壊を乗り越えて、さらなる成…

M&A後のスタートアップについて語られることは多くない。 スタートアップとしての物語はM&A…

1年前

大企業にいながらスタートアップへ派遣してもらうまでの裏側 ~結局は自分の覚悟~

 前回noteではスタートアップ派遣先の代表Hさんとの出会いについて綴った。今回は彼と出会っ…

1年前

元起業家、元ベンチャーキャピタリストが、評価なし組織で働いて感じたデメリット&メ…

こんにちは、Ubie Discoveryへ2021年4月に入社したHookです。 意図的に人事評価制度を作らない…

11か月前

所属する意味を見出せる組織に。100人の壁は「共通言語」と「自己理解」で超える

ベンチャー企業の成長痛、100人の壁 ベンチャー企業の成長過程における「30人、50人、100人の壁」を聞いたことがあるでしょうか。社員数がそれぞれの数字に達する前後は組織課題を乗り越える必要性に迫られることが多いため、「壁」と呼ばれています。 1人でマネジメントできる限界の人数を超え、攻めるだけでなくバックオフィスなどの守りの体制が必要になってくる「30人の壁」。組織の階層が増え、採用のチャネルが変化することでネガティブなコミュニケーションも広まりやすくなる「50人の壁」

スキ
65

なぜ、USスタバはコーチングを従業員とその家族に無償提供することにしたのか

はじめにこんにちは。パーソナル・コーチングサービス『mento』を運営しております、たんたん…

【保存版】公開されている採用ピッチ資料100選(2021/8/19更新)

採用情報の"オープン化"が止まりません。 スタートアップ界隈をはじめ、この流れは加速してい…

「あるべき姿」からの組織づくり。コーポレート部門にこそ戦略性や思考性が必要だ

XR技術で未来をつくるSynamon、採用担当の荒木です。 今回はSynamonのコーポレート部門をご紹…

1年前

機能別組織は破綻に向かう。KPI毎にチームを組成する”多極分散型”組織のススメ

メンバーみんなに活き活きと、自立自走して働いてもらいたい。 そういった想いは、起業家・経…

2年前

スタートアップこそ社労士を活用すべき理由〜スタートアップの労務マップ

リソースが限られる立ち上げ期こそ人事労務手続が重要ですスタートアップと言ってもステージは…

労務として意識した3つのポイント

こんにちは。たなしゅんです。 労務アドベントカレンダー2020の10日目担当です。 私自身は「…

1年前

成長ステージ(創業期~成長期)に応じたバックオフィスの組織づくり

皆さん、こんにちは! 私はこれまで30年来、様々な成長ステージの企業で人事を担当してきており、その経験をもとに今回はバックオフィスの組織づくりについてコメントさせていただきました。よろしくお願いします!  さて今回は企業のバックオフィスに関して、成長ステージ(創業期~成長期)に応じた組織体制やオペレーション上の留意点について、私がかつて複数の企業を人事として渡り歩く中で経験してきたポイントについてコメントしたいと思います。フロントサイド(事業側)の組織には、その事業固有の要

スキ
50