マガジンのカバー画像

#HR #カルチャー #採用 #働き方 #労務 #制度

74
運営しているクリエイター

#バックオフィス

バックオフィス部門メンバーにどうやって目標数字を持ってもらうか?

久能@経営コーチです。昨日の記事のつづき・・・ 昨日の記事では 会社の誰もが数字を追うべ…

仕事を任せてもらえる人になるための、人事労務担当者に効果的な2つの習慣

これはなに?LINE社の青田さんからお声がけいただき、HRアドベントカレンダー2020「○△に大切…

社内ルールを減らしたい管理部門の人が知っておくとよい「細則主義」と「原則主義」の…

いろんなことが社内で起きるので、管理部門の人は対策として「ルール」をつくります。一方で、…

1年前

「あるべき姿」からの組織づくり。コーポレート部門にこそ戦略性や思考性が必要だ

XR技術で未来をつくるSynamon、採用担当の荒木です。 今回はSynamonのコーポレート部門をご紹…

1年前

部内360°評価のススメ

以前、コーポレートの共通目標や、個人の目標設定って難しいという記事を書きました。 その理…

スタートアップのバックオフィスの仕組化/自動化を進めていたら、結果的にリモートバ…

はじめまして。行政書士の井須健二と申します。 私は、行政書士として、中小企業、小規模事業…

手が空いていないと、価値は生み出せない。

人間は忙しくなると、無意識に、1つ1つの対応が投げやりになる。 そして、それは仕事も同じ。 いや…むしろ、仕事で、それは起こりがち。 「自分が対応しないといけない」ことが増えていくと、 防衛本能が働く。 これ以上、自分のタスクを増やしたくない…! その想いから 新しいことを、受け入れられなくなってしまったり 価値があっても、ちょっと面倒だな、と思うことは先送りにし 考えることよりも、手を動かすこと 終わらせること、を、優先してしまう。 本当は、価値あるサービスをリリース

スキ
22

バックオフィスの人ほど社外と接点持った方が良い

社内で社内仕事ばかりしてると視野が狭くなる。 そう気づいて猛反省中です。 ブログで報告し…

1年前

スタートアップこそ社労士を活用すべき理由〜スタートアップの労務マップ

リソースが限られる立ち上げ期こそ人事労務手続が重要ですスタートアップと言ってもステージは…

10日後から突然労務を担当することになった未経験者が「明るい労務」を掲げて突っ走っ…

1年前のお正月、へっぽこな自分に向けた決意表明のつもりでこんなツイートをしました。 ひょ…

1年前

協調性という名の同調圧力に気付いてますか?

こんにちはアルパカ社長です。 唐突ですが、アルパカ社長は小さい頃から協調性がないと言われ…

労務として意識した3つのポイント

こんにちは。たなしゅんです。 労務アドベントカレンダー2020の10日目担当です。 私自身は「…

1年前

成長ステージ(創業期~成長期)に応じたバックオフィスの組織づくり

皆さん、こんにちは! 私はこれまで30年来、様々な成長ステージの企業で人事を担当してきてお…

2年前