マガジンのカバー画像

コーポレートSelect

247
コーポレート系職種の皆さんにぜひ読んでいただきたい記事を編集長が独断と偏見でセレクトしました!
運営しているクリエイター

#スタートアップ

スタートアップが大企業と連携するときの5つの留意点

 こんにちは、GLOBIS CAPITAL PARTNERSの野本です。  今年の2月に「成功するアライアンス …

スタートアップと大企業における5つの違い

これまで起業家としてしか生きてこなかった私が、6万人の従業員を抱える大企業幹部に就任して…

CEOセオ
2年前

スタートアップに広報PRが集まらない構造と解決策

最近スタートアップ社長さんと話したり絡んだりすると、なんだかみんな「広報」を探している感…

RYOKO
3年前

バックオフィスのスターを生む!メリービズが目指す世界

先日、3つのコミュニティの話を書きました。そのなかでも重要なのが、リモートワーカーになり…

50人の壁に先手対策!スタートアップバックオフィスで経理の業務フローを構築し直した…

「保険業界をアップデートする」というミッションを掲げ、InsurTech領域においてB2B SaaSを展…

取締役選任時期や役員報酬をいくらにするのか? Brand Engineer目論見書からわかる成…

6月4日に、Branding Engineerの東京証券取引所マザーズへの新規上場が承認されました。私はこ…

渡邊 祐也
2年前

【メンバー紹介】高倉健仁|経理からフィナンシャルアドバイザーへ、共通していたのは「目の前の人を助けたい」想い

マネーフォワードシンカの1人目メンバーでもあり、大手メーカー経理⇒マネーフォワード経理でIPO経験⇒経費精算システム導入コンサル⇒フィナンシャルアドバイザーと、キャリアの幅を広げる高倉さん。 大胆なキャリアチェンジには勇気と覚悟が必要、高倉さんの原動力はなんだったのでしょう? マネーフォワードシンカだけでなく、経理のキャリアパス、ベンチャー企業への転職などのトピックが気になる方にも、読んでいただけると嬉しいです。 PROFILE高倉 健仁(たかくら たけひと) 大学卒業

スキ
33

東工大理系が公認会計士~アイセールス(旧:マーケロボ)CFOになるまで

はじめまして、こんにちは! アイセールス株式会社(旧:マーケロボ)、取締役CFOをしております…

「新たなビジネストレンドに追いついた想い」 READYFOR CFO名和俊輔氏が考える 人生の…

既存の金融サービス・資本主義ではお金が流れにくい分野に国内初・日本最大級のクラウドファン…

IPOにおける主幹事証券の選び方

僕は過去、国内投資銀行および外資系投資銀行にいたことがあり、かつ、上場事業会社 / 非上場…

【レポート】スタートアップCFOのリアルと、コロナショックへのアクション|ジェネシ…

活躍するスタートアップCFOの「キャリア選択」「現職への参画の決め手」そして、ファイナンス…

スタートアップの組織づくりで参考になった9冊+α

こんにちは、Synamon COOの武井です。 先日のnoteでお伝えした通り、BizDev責任者から人事を…

「IPOゴール」の揶揄では終わらせない。次の議論に向けた「上場後の成長の谷に関する…

弊社、グロース・キャピタルでは、2020年11月より一橋大学の鈴木教授とファイナンス分野におけ…

「自分がやったほうが早い仕事」を委譲できる人が、組織を成長させる

企業が成長するたびに必ず起こるのが、「自分がやったほうが早い仕事」を新任者に上手く委譲できるか否かです。   どの企業でも、規模に限らずメンバーが増えるたびにこの課題が生まれます。元からその仕事を携わっている人(前任者)が、これから携わる人(新任者)よりもその仕事を早く熟せるため、つい自分がやってしまう。 もしくは急ぎな案件であるほど、メンバーに任せられなくなってしまう。事業創造のスピードを上げるためには、自分がやったほうが良いのでは。ついそのように考えてしまう場面は多いで

スキ
31