マガジンのカバー画像

コーポレートSelect

250
コーポレート系職種の皆さんにぜひ読んでいただきたい記事を編集長が独断と偏見でセレクトしました!
運営しているクリエイター

#人事

経営のメカニズムを熟知するバックオフィスへ

 今回は、私がバックオフィスの一角である人事として経験を重ねる中で、担当領域の専門性はも…

川口公高
1年前

原則テレワークに切り替えた会社のバックオフィスがやったことまとめ

新型コロナウィルスの影響で、急きょ「原則テレワーク」に切り替えるためにバックオフィスがや…

2019年が終わるまでに人事・採用担当者が絶対に読むべきnote15選!

はじめまして、HeaRの半田です。 2019年も残りわずか。せっかくなので、インプットができるよ…

好業績を支えるアイリスオーヤマの人事システム

「ものつくりニッポン」を支えるアイリスオーヤマかつては「ものつくりニッポン」と世界市場で…

スクラム採用に取り組む上で人事がぶつかる「11個の壁」とその乗り越え方

どうも、ナイルで採用やっているワタナベです。HERPさんにお声がけ頂き、「スクラム採用Advent…

スタートアップが初めてミッション・ビジョン・バリューをつくるときのtips

先日、元同僚から「Mission/Vision/Value(以下MVV)のつくり方について相談にのってほしい」と…

#HRを図解します|人事・組織の図解まとめ10選

物事の本質を深く理解するためには次の3つが大切だと考えています。 1. 部分ではなく全体を知る 2. 全体の構成要素の相互的つながりを知る 3. 主要な構成要素を見極める つまり、 全体を知り、繋がりを知り、削ぎ落とす。 この"思考のクセ"が物凄く重要です。 その"クセづけ"のために、私は何か深く理解したい事象や対象物があったら、まず紙に絵を描いてみる。同じ要素を囲んだり、関連し合う要素を線で繋いだり。これ自体が上記3つのプロセスを経るための身体と脳のキャッチボール

スキ
527

【一人バックオフィスの成長極意】一人脳内稟議制度を生かす

皆さん、こんにちは!公認会計士・社労士・元CFOの植西です。 このnoteでは不定期で、コーポ…

労務がカウンセリングを学び・実践して感じたこと

きっかけずいぶん時間が経ってしまったのですが、昨年のイベント登壇にあたって考えたこと、20…

バックオフィスこそ、他企業交流をすべきだ。

表題のとおりである。3社経験してきてよく思う。 バックオフィス…管理部門…とひとくくりに…

でご
2年前

SEが人事の仕事を手伝ってみた!~業務部(システム部)がみた人事部📑~

いわゆる一般的な企業の「情報システム部門」にあたる部署が、弊社インソースでは「業務部」で…

成長ステージ(創業期~成長期)に応じたバックオフィスの組織づくり

皆さん、こんにちは! 私はこれまで30年来、様々な成長ステージの企業で人事を担当してきてお…

川口公高
2年前

管理部門と創造性:リモートワークを事例に

今日は、管理部門が発揮したい創意工夫について、書きます。 管理部門、例えば経理・人事・総…

オフィスは「働く場所」ではなく「チームとなる場所」に再定義する【日経COMEMOテーマ企画_遅刻組】

テレワークでオフィスは必要がなくなるか?テレワークが広まる中、これまで通りの従業員人数分の机と椅子、事務所のスペースが必要なのかという議論が活発だ。入社をすると、予め決められた席があって、決まったところで就業時間中は業務に専念するという働き方が産業革命以降、長年、当たり前の姿だった。しかし、その姿が変化しようとしている。 今回は、日経COMEMOテーマ企画の 「#オフィスは必要ですか」を題材として考えてみたい。  「オフィス=経費」で単純に考えて良いのか?コロナによって、

スキ
39